女の人

心が引き起こす身体の病気

女の人

心身症は、不安やストレスなどの心の変調が胃潰瘍や円形脱毛症、気管支ぜんそくなど具体的な身体の症状となってあらわれる病気です。心身の相関によって起きるものであるため、症状そのものの治療と心理面でのケアの両方が必要になります。

Read More...

過度のストレスによる病気

カウンセリング

心身症は、過度のストレスが大きな影響になり、身体に症状が現れる病気です。内科の治療と併せ、精神面の治療も行います。自分に合った、安心できる病院を探しましょう。日常的に、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

Read More...

ストレスが引き起こす病気

悩む男性

心と身体の相関関係

人間の身体はとても複雑でデリケートにできています。特に心と体は密接な関係があります。ある病気にかかった時、その原因が感情や性格などの精神的なこともあるし、職場の人間関係やストレスなどの社会的環境の場合もあります。このように病気について精神的や社会的な要因が深く関わっているものを心身症といいます。よくみられる心身症として、循環器心身症があります。具体的には高血圧症、心臓神経症などです。これらの病気には心理ストレスが深く関わっています。例えば家庭では正常血圧なのが、病院で計ると異常に血圧が高くなったりします。このように緊張や不安などが病気を引き起こす一因になっているのです。また呼吸器心身症というのもあります。具体的には過呼吸症候群、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群神経性嘔吐症、摂食障害などです。これらの症候群を引き起こす原因にも精神的な要素がかなり強く影響しているのです。これらは一例ですが、極端にいうと心身症はあらゆる臓器の病気となって表れる可能性があるのです。原因が臓器にあるのではなく、心や環境にあるので当然のことなのです。この点が心身症の最も大きな特徴であり、精神障害によっておこる病気とは違うところです。

精神科医と内科医の協力

心身症という病気は、原因は心にありますが、症状は身体に出るのです。そのため治療するには心と身体の療法を治療する必要があります。症状だけにとらわれると治ってもすぐに再発してしまいます。原因を治さないと本当に完治したことにならないのです。そのため心身症の治療では、精神科医と内科医が協力し合って治療することになります。心身症の原因で最も多いのがストレスです。ストレスが引き起こす病気を心身症といってもよいぐらい、大きな影響を与えています。ですから治療法の基本として、まずストレスを解消することが重要になります。大事なことはストレスをゼロにすることではなく、減らすことです。例えば仕事が忙しくてストレスが溜まっている場合、会社を辞めるのではなく仕事の量を減らすのです。これだけでもかなりストレスを減らすことができ、それによって病状も改善できるのです。また薬物療法も効果があります。主に身体症状に対しては内科の薬、自律神経を保護するためには向精神薬といったように、身体と心の両方の治療薬を服用します。今後は社会の高度化によってますます心身症の患者が増える傾向にあります。以上の2つの治療の他に、リラクゼーションやバイオフィードバックといった新しい治療法が行われていくはずです。